CandM_flyer_front

18 May: 5月18-19日に京都アカデミアフォーラムin丸の内で国際シンポジウム「人種主義・反人種主義の越境と転換」を開催しました。

2019年5月18日から19日にかけて、京都アカデミアフォーラム in 丸の内にて、京都大学・人文科学研究所とフランス国立社会科学高等研究院との日仏学術交流事業の一環で国際シンポジウムを開催しました。 日仏学術交流シンポジウム(人文研アカデミー) 「人種主義・反人種主義の越境と転換」 “Circulations et métamorphoses du racisme et de l’antiracisme” 日時:2019年5月18日(土) 10:00-17:00 (9:30開場)、19日(日) 13:30-17:00 (13:00開場) 場所:新丸の内ビル10階、京都アカデミアフォーラム in 丸の内 地図 (*週末につき、地下スターバックス前から入館。係員がご案内致します。要事前予約*) 趣旨:本シンポジウムでは、人種化や人種主義、また反人種主義をキーワードとし、ジェンダーや国民国家などとの交錯に注意を払いながらも、それらをめぐる科学知や言説、あるいは社会運動がどのように越境し、それぞれの社会的時代的文脈において転換を遂げてきたのかを考えます。歴史学、文化人類学、社会学、法制史、遺伝学等の分野における研究者たちが一堂に会し、学際的で多様な視点からこの問題に迫ります。 参加費:無料 日仏同時通訳あり…

IMG_6716

25 Mar: 3月25日(月)に京都大学東京オフィスで公開セミナーを開催しました。

2019年3月25日に、京都大学東京オフィスにて公開セミナー「日系ディアスポラ文学と戦争の記憶〜アメリカとオーストラリアの事例から」を開催しました。 日時:2019年3月25日(月)15時00分~18時30分 場所:京都大学東京オフィス 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/tokyo-office 参加無料・事前申込不要 ——プログラム—— 15:00-16:30 講演1 ライル・デ・スーザ氏(京都大学人文科学研究所・科研研究員) タイトル:“The Blossoming of Nikkei Australian Literature” (16:30-16:40 休憩) 16:40-18:30 講演2 フランク・アベ氏(在シアトル ラジオ番組プロデューサー/ジャーナリスト) タイトル:“John Okada…

img_1005_39706835253_o

12 Feb: 文理融合合宿をしました。

2019年1月5日から6日にかけて、鎌倉にて文理融合合宿を行いました。 ——招聘研究者のコメント—— “The workshop in Kamakura was highly productive and a great example of the value of interdisciplinary analysis. It was an honor to be…

diaspora_art_front

08 Dec: 12月8日に京都アカデミアフォーラムin丸の内で国際シンポジウム「環太平洋の日系ディアスポラ・アート」を開催しました。

2018年12月8日、京都アカデミアフォーラム in 丸の内にて国際シンポジウム「環太平洋の日系ディアスポラ・アート」を開催しました。 主催:京都大学人文科学研究所 科学研究費基盤研究(S)「人種化のプロセスとメカニズムに関する複合的研究」 お問い合わせ:京都大学人文科学研究所 総務掛   〒606-8501 京都市左京区吉田本町   http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp   E-mail: nikkeiart2018gmail.com 今年は、ハワイへの日本人移住が始まってから150年、またブラジルへの移住から110年となる記念すべき年です。本シンポジウムでは、環太平洋地域における日系ディアスポラ・アートにみられる「マイナー・トランスナショナリズム」に注目します。これまで日系人の歴史や美術では、主に多数派社会と日系人との「タテ」の関係性が注目されてきましたが、越境やさまざまな遭遇によって混じり合ったマイナーな文化は、多数派を経由せずとも「ヨコ」の関係性のなかで生み出されています。先住民、アフリカ系や他のアジア系との接触、あるいは海を越えた沖縄系や在日系のネットワークなど、マイノリティの人々の間での遭遇/接触から啓発され想像/創造に至った日系アーティストたちとその芸術に焦点を当てます。 —プログラム— 開会挨拶 [10:00–10:15] 竹沢泰子(京都大学)、ローラ・キナ(ディポール大学) 基調講演1:ヨンスン・ミン(カリフォルニア大学アーバイン校) [10:15–10:50]  「在日コリアンをめぐるトランスナショナル・ポストコロニアル・マルチカルチュラルな移動と交差―盧興錫を事例に―」  “Flows and Intersections in the Transnational, the…

NHK 小山氏 20181031

31 Oct: 10月31日に京都大学人文科学研究所でNHKエンタープライズの小山靖史氏にご講演いただきました。

2018年10月31日、京都大学人文科学研究所にてNHKエンタープライズ・エグゼクティブプロデューサーの小山靖史氏にご講演いただきました。 2018年10月31日(水) 16時半〜18時 場所:京都大学人文科学研究所本館101 講演: 小山靖史   「NHKドキュメンタリー制作者が見た “日系アメリカ人栄光と苦難の150年”」

final part2 181012 アジアとヨーロッパの被差別民

12 Oct: 10月12日に京都大学東京オフィスで「新・可視性と不可視性のはざまで Part2」を開催しました。

2018年10月12日、京都大学東京オフィスにて「新・可視性と不可視性のはざまで Part2」を開催しました。 「新・可視性と不可視性のはざまで Part2」 2018年10月12日(金) 17時半〜20時 場所:新丸の内ビル10階 京都大学東京オフィス(JR・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」直結) 講演: 竹沢泰子(京都大学)   河原者・ユダヤ人・「ジプシー」—中世の「特権神話」— 田辺明生(東京大学)   部族民と不可触民—インドにおける差別の諸形態—

181006 移民二世からの研究発信RR

06 Oct: 10月6日に京都大学人文科学研究所で「移民二世からの研究発信」を開催しました。

2018年10月6日、京都大学人文科学研究所にて、「移民二世からの研究発信」を開催しました。 連続講座 移住者の権利キャンペーン2020 「ここにいる koko ni iru.」 企画 「移民二世からの研究発信」 2018年10月6日(土) 14時〜18時 場所:京都大学人文科学研究所101号室 報告者: 下地ローレンス吉孝(港区立男女共同参画センター)   「「日本人」と「外国人」の二分法を問い直す—「混血」「ハーフ」の社会史から」 ケイン樹里安(大阪府立大学都市文化研究センター・桃山学院大学・大阪国際大学)   「「ハーフ」の問題含みの日常をいかに描けるか—関西のメディア・コミュニティを手がかりに」 コメンテーター: 竹沢泰子(京都大学) 古屋哲(大谷大学・立命館アジア太平洋大学)

final 180929人種神話を解体する

29 Sep: 9月29日に京都大学人文科学研究所で「新・可視性と不可視性のはざまで part1」を開催しました。

2018年9月29日、京都大学人文科学研究所セミナー室1にて「新・可視性と不可視性のはざまで part1」を開催しました。 「新・可視性と不可視性のはざまで part1」 2018年9月29日土曜日 13時半〜17時 場所:京都大学人文科学研究所セミナー室1 講師:Faye V. Harrison (イリノイ大学)、John G. Russell (岐阜大学)、Stephen A. Small (カリフォルニア大学バークレー校) コメンテーター:徳永悠(京都大学) 進行:竹沢泰子(京都大学)     すべての写真はこちら

IMG_0967

06 Jun: 6月6日(水)14:30-18:00「京都アメリカ研究プロセミナー2018」を開催しました。

日時:2018年6月6日(水)14:30-18:00 会場:京都大学人文科学研究所101号室 場所:http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/zinbun/access/access.htm 使用言語:英語 共催:American Studies Association・アメリカ学会 ◆報告 柳楽有里(京都大学国際高等教育院非常勤講師) James Baldwin’s “The Welcome Table” — Abstract Abstract 服部雅子(東京大学大学院総合文化研究科学術研究員) “Youth, Higher Education, and National Security in…