研究成果

書籍論文報告書オープンコースウェア国際シンポジウム

書籍

学術書シリーズ『人種神話を解体する』(編集責任 竹沢泰子)

  • 第一巻 斉藤綾子・竹沢泰子編著『In(Visibility):可視性と不可視性のはざまで』
  • 第二巻 坂野徹・竹沢泰子編著『Knowledge:科学と社会の知』
  • 第三巻 川島浩平・竹沢泰子編著『Hybridity:「血」の政治学を越えて』
  • 出版年:2016年
  • 出版:東京大学出版会



Trans-Pacific Japanese American Studies: Conversations on Race and Racialisations (Yasuko Takezawa and Gary Okihiro, eds.)

  • Hardcover
  • Publisher: University of Hawaii Press
  • Language: English
  • ISBN-10: 082484758X
  • ISBN-13: 978-0-8248-4758-6
  • 2016年



Racial Representations in Asia (Yasuko Takezawa ed.)

  • View table of contents

  • Hardcover: 272 pages
  • Publisher: Trans Pacific Press (April 23, 2011)
  • Language: English
  • ISBN-10: 1920901582
  • ISBN-13: 978-1920901585
  • For purchase, go to: Amazon.com



Japanese Studies, 35:1, Special Issue: Rethinking Race/Racism from Asian Experiences (Koichi Iwabuchi, ed.)

  • 英文学術雑誌特集号
  • 2015年35巻1号



特集:中等教育でまなぶ「人種」「民族」とヒトの多様性

  • 『学術の動向』
  • 2014年7月号



特集2:今、アイヌであること――共に生きるための政策をめざして――

  • 『学術の動向』
  • 2011年9月号



『人文学報』100号 【竹沢 泰子(編)】



人種の表象と社会的リアリティ 【竹沢 泰子(編)】 詳細ページへ


  • 単行本: 328ページ
  • 出版年: 2009年
  • 出版: 岩波書店
  • ISBN-10: 4000234641
  • ISBN-13: 978-4000234641
  • 購入する



人種概念の普遍性を問う―西洋的パラダイムを超えて 【竹沢 泰子(編)】  詳細ページへ


http://race.zinbun.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/2010/10/book_02.jpg
  • 単行本: 548ページ
  • 出版年: 2005年
  • 出版: 人文書院
  • ISBN-10: 4409530305
  • ISBN-13: 978-4409530306
  • 購入する


論文

“Human Genetic Research, Race, Ethnicity and the Labeling of Populations: Recommendations based on an interdisciplinary workshop in Japan” (Yasuko Takezawa, Kazuto Kato, Hiroki Oota, Timothy Caulfield, et al.)

  • BMC Medical Ethics
  • 2014年
  • 共著論文
  • “Highly Accessed”に認定
  • [pdf]



報告書

人種表象の日本型グローバル研究(A-Japan Based Global Study of Racial Representations)平成26年度研究成果報告書



Engaging Race and Racism in the New Millennium: Exploring Visibilities and Invisibilities (竹沢泰子編)

  • IUAES, JASCA共催
  • 出版年(報告書): 2014年5月
  • 出版: 京都大学人文科学研究所



人種表象の日本型グローバル研究(A-Japan Based Global Study of Racial Representations)平成25年度研究成果報告書



『アジアとアメリカの帝国を超えて Between and Beyond Two Empires』 (竹沢泰子編)

  • 出版年(報告書): 2014年3月
  • 出版: 京都大学人文科学研究所



『中等教育でまなぶ「人種」「民族」とヒトの多様性』 (日本学術会議主催) (竹沢泰子編)

  • 出版年(公開シンポジウム報告書): 2013年10月
  • 出版: 京都大学人文科学研究所



人種表象の日本型グローバル研究(A-Japan Based Global Study of Racial Representations)平成24年度研究成果報告書



『人種神話を解体する Dismantling the Race Myth』 (竹沢泰子編)

  • 出版年(報告書): 2013年3月
  • 出版: 京都大学人文科学研究所



Crossing Boundaries: Art and History (Noriko Watanabe and Chiori Goto eds.)

  • 出版年(Interdisciplinary Workshop報告書): 2013年
  • 出版: 京都大学人文科学研究所



Nikkei Studies and Beyond: Dialogue between Scholars in Japan and the U.S. (竹沢泰子編)

  • 出版年(座談会報告書): 2013年
  • 出版: 京都大学人文科学研究所



人種表象の日本型グローバル研究(A-Japan Based Global Study of Racial Representations)平成23年度研究成果報告書



Japanese and Asian Americans: Racializations and Their Resistances (竹沢泰子編)

  • Asian American Studies Department, UCLA, Terasaki Center for Japanese Studies, UCLA, The Japanese American National Museum共催
  • 出版年(報告書): 2012年2月
  • 出版: 京都大学人文科学研究所



『今,アイヌであること――共に生きるための政策をめざして』 (竹沢泰子編)

  • 日本学術会議主催
  • 出版年(報告書): 2011年8月
  • 出版: 京都大学人文科学研究所
  • 報告書 [pdf]



人種表象の日本型グローバル研究
Proceedings of The Interface of Humanities and Genomics. Kyoto: Institute for Research in Humanities)
平成22年度研究成果報告書 別冊2



人種表象の日本型グローバル研究
Proceedings of The Interface of Humanities and Genomics. Kyoto: Institute for Research in Humanities)
平成22年度研究成果報告書 別冊



人種表象の日本型グローバル研究(A-Japan Based Global Study of Racial Representations)平成22年度研究成果報告書



Racial Representations of Japanese/Asian Americans (竹沢泰子編)

  • 出版年(報告書): 2011年3月
  • 出版: 京都大学人文科学研究所



第12回 京都大学国際シンポジウム 「変化する人種イメージ ―表象から考える」  詳細ページへ


  • 開催日: 2008年 12月5・6日
  • 会場: 京都大学百周年時計台記念館百周年記念ホール
  • 出版年(報告書): 2009年



New Wave: Studies on Japanese Americans in the 21st Century (Brian Hayashi, Yasuko Takezawa, eds.)




人種概念の普遍性を問う― 植民地主義,国民国家,創られた神話― 【竹沢 泰子(編)】




オープンコースウェア

人種の表象とリアリティ  詳細ページへ


  • 竹沢 泰子教授(人文科学研究所)
  • 高木 博志准教授(人文科学研究所)
  • 石川 禎浩准教授(人文科学研究所)
  • 田辺 明生准教授(人文科学研究所)
  • 松田 素二教授(文学研究科)



人種概念の総合的理解  詳細ページへ


  • 竹沢 泰子教授(人文科学研究所)
  • 高木 博志准教授(人文科学研究所)
  • 石川 禎浩准教授(人文科学研究所)
  • 田辺 明生准教授(人文科学研究所)
  • 松田 素二教授(文学研究科)