2004年度

Page 1 of 212
2005/03/25 2004年度 第14回 研究会
Young Soon Min(カリフォルニア大学Irvine校) “Predicament of Place: Why Distinctions between Asian and Asian Americans Matter”
Paul Y. Watanabe(マサチューセッツ大学ボストン校) “Certain Lattitudes: Diaporic Perspectives Is Yellow White or Black: Locating Asian Americans”
2005/03/05 2004年度 第13回 研究会
加藤和人「ヒトゲノム・遺伝子研究にとっての人種・民族問題―最近の話題から」
2005/03/04 2004年度 第12回 研究会
井野瀬久美恵「サラ・フォーブズ・ボネッタは何を<語った>のか?―大英帝国のなかの人種再考―」
田中雅一「雑誌記事から見る外人男性とのつきあい方 国際結婚との関係を探る」
2005/01/08 2004年度 第11回 研究会
竹沢尚一郎(国立民族学博物館)「ブロカからデュルケームへ」
渡辺公三 コメント
2005/01/07 2004年度 第10回 研究会
石橋純「ベネズエラ、チャベス政権下の民族運動と人種主義」
2004/11/06 2004年度 第9回 研究会
落合一泰(一橋大学)「絵画から写真へ:非西洋諸民族表象における変化と無変化」
崎山正毅「国民の『源流』?:『メスティーソ神話』と大西洋岸クレオールの『歴史』の狭間からみる先住民」
2004/11/05 2004年度 第8回 研究会
高階絵里加「西洋美術における異邦人表現の伝統」
大浦康介 北原恵 コメント
藤原辰史「表情鳴きドイツ人:『血と土』の農民表象をめぐって」
2004/10/08 2004年度 第7回 研究会
小関隆「猿のようなパディ」
黒川みどり「つくりかえられる徴:戦後における被差別部落の表象」
2004/09/11 2004年度 第6回 研究会
井野瀬久美恵「転位されるオリエンタリズム」
坂野徹「大東亜共栄圏構想と人類学/民族学/民俗学―人類学の戦時動員をめぐって」
2004/09/10 2004年度 第5回 研究会
倉島哲「武術における身体の表象とその彼方」
竹沢泰子「書評:人種の表象をめぐる代表的研究から―Stuart Hall著『Representation』、Jan Nederveen Pieterse著『White on Black: Images of Africa and Blacks in Western Popular Culture』およびRichard Dyer著『White』」
Page 1 of 212