2006年度

2007/03/10 2006年度 第10回 研究会
宜野座菜央見(ゲスト 鶴見大学非常勤講師ほか)「日本映画のイデオロギー分析―1930年代の女性表象を中心として―」
2007/01/14 2006年度 第9回 研究会
石橋純(東京大学)「アフロ系子孫のアイデンティティ創生は可能か?―チャべス再選後のベネズエラにおける民族運動―」
瀬口典子(ゲスト、モンタナ大学)「保守『科学』と『人種差』『性差』論叢」
2007/01/13 2006年度 第8回 研究会
高階絵里加「再考:西洋美術における異邦人表現の伝統―<東方三博士の礼拝>図像をめぐって―」
水谷智、永渕康之(ゲスト 名古屋工業大学)「植民地から<人種>を再考する:アン・ストーラーによる試み」
2006/12/02 2006年度 第7回 研究会
竹沢泰子「アジア系アメリカ人芸術家たちの抵抗と現実―中間報告」
與那覇潤(ゲスト 東京大学大学院)「人種主義論再考――東アジア史の視点から」
2006/12/01 2006年度 第6回 研究会
長谷川一年(ゲスト 同志社大学・帝塚山学院大学非常勤講師)「19世紀フランスにおける人種・国民・文化:思想史的考察」
2006/10/21 2006年度 第5回 研究会
黒川みどり「映画『橋のない川』にみる部落問題表象」
坂野徹「蜂起の記憶─台湾原住民に関する民族心理学・精神医学的研究をめぐって」
2006/10/20 2006年度 第4回 研究会
加藤和人「ゲノム医学研究における人類集団の呼称について―近年の動向から」
金麗実(ゲスト 人文研学振)「『望楼』のヒエラルキー」
2006/09/30 2006年度 第3回 研究会
John G. Russell‘Authenticating Alterity: Stereotypes of the Black Other in Japan and the United States’
川島浩平「日米における『黒人身体能力・運動能力(black athleticism)』表象」
2006/07/15 2006年度 第2回 研究会
李昇燁「<顔が変る>―植民地朝鮮における人種的標識の<見分け>をめぐる言説―」
森仁志(ゲスト 武蔵大学非常勤講師)「ハワイのパートジャパニーズの諸実践にみる人種とエスニシティの交錯」
2006/07/14 2006年度 第1回 研究会
竹沢泰子、出席者全員「研究会再開と成果発表について」
貴堂嘉之「Miscegenationの物語―アメリカ合衆国の人種秩序の政治と表象」