2010年度

Page 1 of 212
2011/03/25-27 [文理融合ワークショップ]「沖縄人の表象をめぐって」(人類学研究交流会との合同合宿)

[場所]
ホテルグランビューガーデン沖縄

[報告] (発表予定順)

山口 徹(慶應大学)、新里貴之(鹿児島大学)、土肥直美(元琉球大学)、木村亮介(琉球大学)、前嵩西一馬(早稲田大学)、成田龍一(日本女子大学) 、高 みか(早稲田大学)

2011/03/06 [公開シンポジウム] 今、アイヌであること―共に生きるための政策をめざして

[場所]
法政大学市ヶ谷キャンパス、58年館844号室

[報告]
本多俊和(日本学術会議連携会員、放送大学教授)
常本照樹(北大アイヌ先住民研究センター長)
佐々木利和(北大アイヌ先住民研究センター教授)
篠田謙一(国立科学博物館教授)
加藤忠(北海道アイヌ協会理事長?) その他アイヌの人々

2011/02/19 [共同研究会] 2月例会

[場所]
人文科学研究所会議室(仮)

[報告]
戸邉秀明(東京経済大学)
「沖縄研究の変貌と「沖縄人」という問題構成の現在 ―近現代史研究者の視点から―」
板垣竜太(同志社大学)
「現代日本のレイシズム点描:朝鮮学校への攻撃・排除を事例に」

2011/01/22-23 [国際ワークショップ] 人文学とゲノム研究のインターフェイス

[場所]
人文科学研究所大会議室

[報告]
Amy Hinterberger(London School of Economics)
Shirley Sun(Nanyang Technological University)
Duana Fullwiley(Harvard University)
Michael J. Montoya(UC Irvine)

[コメント]
Troy Duster(UC Berkeley)
Wen-Hua Kuo(Yang-Ming Institute of Public Health Department of Public Health)

2010/01/10 [シンポジウム] 日系/アジア系アメリカ人の人種表象(京都)

要旨集を見る

会場:京都大学人文科学研究所

Michael Omi (University of California, Berkeley)
Sachiko Kawakami (Kyoto University of Foreign Studies)
Mari Matsuda (University of Hawaii, Manoa)
Michael Omi (University of California, Berkeley)
Comment: Mari Matsuda (University of Hawaii, Manoa)
Charles R. Lawrence (Georgetown University/University of Hawaii, Manoa)
Comment: Gary Okihiro (Columbia University)

2010/01/08-09 [シンポジウム] 日系/アジア系アメリカ人の人種表象(東京)

要旨集を見る

会場:品川・京都大学東京オフィス/キャンパスイノベーションセンター

Gary Okihiro (Columbia University)
Fuminori Minamikawa (Ritsumeikan University)
Michael Omi (University of California, Berkeley)
Sachiko Kawakami (Kyoto University of Foreign Studies)
Mari Matsuda (University of Hawaii, Manoa)
Michael Omi (University of California, Berkeley)
Comment: Mari Matsuda (University of Hawaii, Manoa)
Charles R. Lawrence (Georgetown University/University of Hawaii, Manoa)
Comment: Gary Okihiro (Columbia University)

2010/12/04-05 2010年度 12月例会

松田ヒロ子(日本学術振興会 上智大学)「縫合線上を生きる:植民地下台湾の沖縄県出身移民」
李 昇燁(京都大学 人文科学研究所)「戦前日本のエロ本における人種表象(仮)」
東島 仁(金沢大学 大学教育開発・支援センター)「米国人類遺伝学会におけるRoderick R. McInnes会長の講演紹介」
菅野優香(京都大学人文科学研究所 研究員)「ゲノム研究に関する文献紹介」
後藤千織(京都大学人文科学研究所 研究員)「日系アメリカ人研究に関する文献紹介」

2010/09/05-06 2010年度 9月例会:アジアにおける被差別民と不平等

金 仲燮 (慶尚大学)「韓国の白丁について― 起源・社会的排除・闘争・現状」“About Peakjong in Korea: Origins, Social Discriminations, Struggle and Current Situation”
タンカ・ブリッジBrij Tankha(デリー大学)「インドのダリットについて ― 差異の保持と不平等の解消」
コメント 田辺明生(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科)
吉村 智博(大阪人権博物館)「被差別部落について-その歴史的表象をめぐって」
友永 健三(前部落解放・人権研究所所長)「『世系』、『職業と世系』に基づく差別と部落差別についての若干の考察」

2010/08/02-04 2010年度 8月例会

竹沢泰子+全員「人種表象の日本型グローバル研究プロジェクトについて」
斉藤綾子(明治学院大学)「差別はいかに表象され るか-フィクションからドキュメンタリーまで」
黒川みどり「封建時代の亡霊」/のしかかる「身の素姓」―『破 戒』二つの映画作品から」
ニカノール・チョンソン Nicanor Tionson (フィリピン大学)“The Images of Indigenous Peoples in the New Filipino Indie Film 2005-2008”
高みか「日本映画にみる朝鮮人慰安婦と在日 女性」

2010/06/08 2010年度 6月公開セミナー

Prof. ARIELA JULIE GROSS(南カリフォルニア大学教授)「血が告げぬもの~アメリカ合衆国の裁判における人種の歴史」What Blood Won' Tell:A History of Race on Trial in America

Page 1 of 212