3月25日(月)に京都大学東京オフィスで公開セミナーを開催しました。

artwork by: Yoshirei Shin

2019年3月25日に、京都大学東京オフィスにて公開セミナー「日系ディアスポラ文学と戦争の記憶〜アメリカとオーストラリアの事例から」を開催しました。

日時:2019年3月25日(月)15時00分~18時30分

場所:京都大学東京オフィス 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/tokyo-office

参加無料・事前申込不要

——プログラム——

  • 15:00-16:30 講演1 ライル・デ・スーザ氏(京都大学人文科学研究所・科研研究員)
    タイトル:“The Blossoming of Nikkei Australian Literature”
  • (16:30-16:40 休憩)
  • 16:40-18:30 講演2 フランク・アベ氏(在シアトル ラジオ番組プロデューサー/ジャーナリスト)
    タイトル:“John Okada and The Great Nisei Novel”

主催:京都大学人文科学研究所 科学研究費基盤(S)「人種化のプロセスとメカニズムに関する複合的研究」
共催:移民研究会

お問い合わせ
jinshukazinbun.kyoto-u.ac.jp

——招聘研究者のコメント——

“It was an honor to speak to two dozen informed scholars and students from across Japan at this Nikkei Diaspora Research Seminar on “John Okada and The Great Nisei Novel.” I was very impressed with the level of knowledge and interest in Japanese American literature, including one student from Fukuoka Women’s University who used our book in her thesis. Many thanks to Prof. Takezawa, Yu Tokunaga, and others for hosting our presentation.” (Text by Frank Abe)

    

Leave a comment