5月18-19日に京都アカデミアフォーラムin丸の内で国際シンポジウム「人種主義・反人種主義の越境と転換」を開催します。

artwork by: Yoshirei Shin

2019年5月18日から19日にかけて、京都アカデミアフォーラム in 丸の内にて、京都大学・人文科学研究所とフランス国立社会科学高等研究院との日仏学術交流事業の一環で国際シンポジウムを開催します。

日仏学術交流シンポジウム(人文研アカデミー)
「人種主義・反人種主義の越境と転換」
“Circulations et métamorphoses du racisme et de l’antiracisme”

日時:2019年5月18日(土) 10:00-17:00 (9:30開場)、19日(日) 13:30-17:00 (13:00開場)

場所:新丸の内ビル10階、京都アカデミアフォーラム in 丸の内 地図
(*週末につき、地下スターバックス前から入館。係員がご案内致します。要事前予約*)

趣旨:本シンポジウムでは、人種化や人種主義、また反人種主義をキーワードとし、ジェンダーや国民国家などとの交錯に注意を払いながらも、それらをめぐる科学知や言説、あるいは社会運動がどのように越境し、それぞれの社会的時代的文脈において転換を遂げてきたのかを考えます。歴史学、文化人類学、社会学、法制史、遺伝学等の分野における研究者たちが一堂に会し、学際的で多様な視点からこの問題に迫ります。

>>>参加申込はこちら<<<
要事前申込:先着順(定員100名)

参加費:無料
日仏同時通訳あり

主催:京都大学人文科学研究所・科学研究費基盤研究(S)「人種化のプロセスとメカニズムに関する複合的研究」
フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)、フランス研究庁TEPSIS研究費

お問い合わせ:京都大学人文科学研究所 総務掛
  〒606-8501 京都市左京区吉田本町
  http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp
  Tel: 075-753-6902
  E-mail: jinshukaigigmail.com

—プログラム (5月18日)—

  • 開会挨拶・趣旨説明 [10:00-10:15]
    竹沢泰子(京都大学)、ジャン=フレデリック・ショブ(フランス社会科学高等研究院)
  • 講演① [10:15-10:45]
    ジャン=フレデリック・ショブ Jean-Frédéric Schaub(フランス社会科学高等研究院)
     タイトル:植民地期ラテンアメリカにおける社会秩序と人種秩序
     Ordre social et ordre racial en Amérique latine coloniale
  • 講演② [10:45-11:15]
    竹沢泰子(京都大学)
     タイトル:明治・大正時代の教科書にみられる「人種」・「民族」記述
  • コメント、質疑応答 [11:15-11:35]
    平野千果子(武蔵大学)
  • 昼休憩 [11:35-12:45]
  • 講演③ [12:45-01:15]
    シルビア・ファルコニエーリ Silvia Falconieri(フランス国立科学研究センター)
     タイトル:20世紀ヨーロッパ史における法と人種
  • 講演④ [01:15-01:45]
    長志珠絵(神戸大学)
     タイトル:「国際結婚」言説の配置と変容から見る近代日本の人種・人種化論
  • コメント、質疑応答 [01:45-02:05]
    松本悠子(中央大学)
  • 休憩 [02:05-02:20]
  • 講演⑤ [02:20-02:50]
    アルノ・ナンタ Arnaud Nanta(フランス国立科学研究センター)
     タイトル:日本統治下の台湾における植民地人類学、「理蕃」政策、先住民族の人種化過程
  • 講演⑥ [02:50-03:20]
    関口寛(四国大学)
     タイトル:生政治的統治のグローバルな展開と被差別部落
  • コメント、質疑応答 [03:20-03:40]
    坂野徹(日本大学)
  • 全体討論 [03:40-04:40]
    コメント:宮島喬(お茶の水大学名誉教授) ほか
  • 登壇社との交流会(隣室にて) [04:40-05:30]

—プログラム (5月19日)—

  • 講演⑦ [01:30-02:00]
    太田博樹(北里大学)
    タイトル:東ユーラシアの人類集団史とゲノム多様性
  • 講演⑧ [02:00-02:30]
    サラ・エイブル Sarah Abel(アイスランド大学)
    タイトル:祖先ルーツ判定のDNA検査は人種主義的イデオロギーを反証できるか
    Les tests ADN peuvent-ils démystifier les idéologies racistes ?
  • コメント、質疑応答 [02:30-02:50]
    大橋順(東京大学)
  • 休憩 [02:50-03:05]
  • 講演⑨ [03:05-03:35]
    クロード=オリビエ・ドロン Claude-Olivier Doron(パリ第七大学)
    タイトル:19世紀前半のフランスにおける人種科学と政治学
    Science des races et sciences politiques en France (1815-1842)
  • 講演⑩ [03:35-04:05]
    田辺明生(東京大学)
    タイトル:反人種差別と霊的普遍主義-日印ナショナリズムの交差と分岐
  • コメント、質疑応答 [04:05-04:25]
    池亀彩(東京大学)
  • 全体討論 [04:25-04:55]
  • 閉会挨拶 [04:55-05:00]

Comments (6)

白川光政

5月18日、19日参加します。

Jinshuka Project Office

白川さま

ご連絡いただき、ありがとうございます。
シンポジウムへの参加申込フォームを公開いたしました。お手数をおかけいたしますが、以下のフォームより必要事項をご記入の上でお申し込みいただけますでしょうか。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd9OiRqNr99xHxp-paht1siabz39YsNmpYdw7wLhpD77UplxA/viewform
どうぞ、よろしくお願いいたします。

江塚孝彦

5/18.19 の日仏シンポの申し込みはどのようにするのですか?

Jinshuka Project Office

江塚さま

申込方法につきましてお問い合わせいただき、ありがとうございます。
シンポジウムへの参加申込フォームを公開いたしました。以下のリンク先にて必要事項をご記入の上、お申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd9OiRqNr99xHxp-paht1siabz39YsNmpYdw7wLhpD77UplxA/viewform
どうぞ、よろしくお願いいたします。

武井真

5/18、19のシンポジウムですが、参加費はありますか。あるとすればおいくらでしょうか。

Jinshuka Project Office

武井さま

参加費につきましてお問い合わせいただき、ありがとうございます。
本シンポジウムは参加費無料となっております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

Leave a comment