人種神話を解体する3 「血」の政治学を越えて

人種神話を解体する3 「血」の政治学を越えて

k
編者
川島浩平・竹沢泰子
出版年
2016
Amazonで閲覧
Google Booksで閲覧
大学図書館の本をさがす

複数のルーツをもつ人びとは称揚と差別のもと「何者」として社会に位置づけられるのか.また彼らは当事者としてどのような葛藤・交渉を経ながら自らの生き方を模索しているのか.アイヌ,沖縄,在日外国人,「ハーフ」の歴史と現在に迫る.

刊行のことば
序章 混血神話の解体と自分らしく生きる権利(竹沢泰子)

第I部 表象と帝国・占領・植民地主義

第1章 「ハーフ」をめぐる言説ーー研究者や支援者の叙述を中心に(岡村兵衛)
第2章 1930年代の映画が描いた「混血児」とその「母」(高美哿)
第3章 日本における「混血児」のディスクールーー「戦前」と「戦後」(成田龍一)
第4章 人種化される欲望ーー「沖縄」をめぐる映画的想像力の一考察(菅野優香)

第II部 「混血」「ミックスレイス」から歴史を読み直す

第5章 植民地統治下の白人性と「混血」ーー英領インドの事例から(水谷 智)
第6章 アメリカスポーツ発展期における混血アスリートの人種意識(川島浩平)
第7章 日系アメリカ人とミックスレイスの歴史,1868-1930年(ダンカン・ウィリアムズ/辛島理人訳)

第III部 自分らしい生き方を求めて

第8章 ミックスレイス日系人アーティストの作品と語りーー人種カテゴリをめぐる解釈と表現の戦略
(竹沢泰子)
第9章 在日朝鮮人 = 日本人間「ダブル」の民族経験ーー共約不可能性を見すえた共同性を目指して
(李洪章)
第10章 差異の交渉とアイデンティティの構築ーー日本とパキスタンの国境を越える子どもたち
(工藤正子)
第11章 ミックスレイスの沖縄人とその曖昧なはざま(ミッツィ・ウエハラ・カーター/河口和也、
川島浩平訳)

索引(事項・人名)
執筆者・訳者紹介

井岡康時『奈良人権部落解放研究所紀要』
廣岡浄進『部落史研究』

Leave a comment